読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Juvenile Juvenile - Perfect Lies (from "Planet Heaven / Perfect Lies")

ジュブジュブの”Perfect Lies”という曲のMVを公開した。
8月にリリースしたシングルのAA面に入ってる曲で、デモからバンドで合わせてめちゃくちゃ良くなって、レコーディングをして更に良くなった。
この曲は去年Wallflowerでニューヨークに行って、再結成したRIDEのライブを見た直後に作った曲なので、もろに影響が出ている。
RIDEカッコ良すぎた。

 

今年の夏、The Bilinda Butchers今回のシングル二曲ともプロデュースしてもらった!今考えても夢みたいだ!)の来日公演を見に東京に遊びに行った。
その時に監督のカトウさんのオフィスに行って、こんな感じにしたいですねぇとか話し合ったり、そういやこのビデオすごいですよとか言って脱線しまくってTame Impalaとかのビデオを見てた。
それもめちゃくちゃ楽しかった。

今回初めてクロマキー背景で撮影することになり、自分の使っているギターがクロマキーとほぼ同じ色で跡形もなく消えてしまうので、撮影の時は京ちゃん(最近Pictured Resortに加入した)のギターを借りた。

去年辺りからもう自意識が完全におっさんになっているので、撮影されるということ自体への緊張した。
緊張しすぎてヤバかったので、メンバーは途中でスタジオを出て外で待っててくれた。
基本的に他の人が撮影している時は外で待っていた(のぞみんの撮影の時だけみんなで見学した)ので、送ってもらったビデオを見てアウトロの土屋のシーンのギターの弾き方カッコよくてビビった。

 

監督のカトウさんは予めいろんな構図を考えてくれていて、次はこの角度、次はこの角度というように手際よく進めてくれた。
おれが歩くシーンとかで緊張して手と足を一緒に出したりしなければ、もっとスムーズだったと思う。
前回の”Our Great Escape”のMVも製作してくれた野瀬さんには今回も撮影してもらった。
アニメーション製作含めて、色んな方にお世話になって今回のビデオが完成した。
本当にありがたい。


もちろんビデオだけじゃなくて、7"シングルをリリースしてくれたダワさんにも感謝しかない。
いつも僕らのことを根性なしですぐに仕事辞める集団と言うけど、とても良くしてくれてとても優しい。

CDに入っているリミックスをしてくれたのJesse RuinsのサクマさんとKuriyakinのJohan(Teto 2)で、Jesse Ruinsは日本でこんな音楽やってる人がいるのかってビックリして憧れていたし、Kuriyakinも普通にリスナーだったので、本当に嬉しい。 

 

リリース自体は8月だったけど、その頃は公務員試験で勉強に集中してたので最近やっとリリースした実感湧いてきた。

あと、試験は落ちていたけど、コージが勉強したお陰で雑学増えたしいいやんって言ってくれたのでそっか!良いや!と思った。

 

YouTubeのコメントを見ると、ペルーとかインドネシアとかあとは国分からんけど、色んな国の人からコメントが付いていて、ありがとうの気持ち満々です。
日本でもTwitterで検索してもJuvenile(ラッパー)か、ジュブジュブで検索してもエグい結果しか引っかからんのに見つけて聴いてくれるのは本当に嬉しい。本当にありがとうございます。

 

ほんとはFacebookとかに書きたかったけど、すぐ仕事やめるせいで気まずい関係の人が多いので、日記にした。
mixiでも良かったな。