読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム

 

The Last of Us

今年の初めくらいにPS3を買った。

PS4にしなかった理由はまだ値段が高いのと、あと今リアムタイムのゲーム機を買ってしまうと生活が終わることが想像できたから。

結果としてはPS3でも全然生活が終わった。

今まで本当的にゲームを避けていた理由が分かったのは、すでに仕事、寝る以外の時間を全てゲームに充てるようになってからだった。

PS3のソフトは名作と呼ばれるものでも、多くの作品がブックオフで1000円以下で買えるせいでクリアしてもクリアしても面白いゲームをまた買ってこればいいだけの話で、永遠に尽きることがないかのように思われた。

こんなにゲーム漬けになってしまった原因は最初にPS3と一緒に買った"The Last of Us"というゲームだった。 

今までずっとスーファミとか64のゲームしていたからかまずグラフィックの綺麗さに驚いた。こんなグラフィックで感染者たちと対峙するのは本当に恐怖だった。

こんなに怖かったのは小学生の時にバイオハザード2をプレイした以来だった。その時は夜寝れなくなり毎晩怖くて夜中に家族を起こしまくったため、お母さんにディスクを割られた。

恐怖度数はあの時と同じくらいだけど、もうすっかりおっさんになったのであの時みたいに怯えていたらやばい。

そこで、もう逆にこのゲームをやりまくってその世界観に慣れて恐怖を麻痺させるしかないと思い、一心不乱にプレイした。

このゲームの敵は物音に敏感なので、キャラクターも音を立てないように進んでいかないといけないことが多い。

いつの間にか自分も息を殺して、物音を立てないようにゲームするようになっていた。

ボス戦中に後ろでまーやが物音を立てた時は「静かにしろ!殺されるぞ!」と言いそうにもなった。

3周目したところでやっともういいかなと思えるようになったので"The Last of Us"から解放された。

ちなみに音楽は「バベル」「ブロークバックマウンテン」の2回アカデミー作曲賞を受賞している方がメインコンポーザーを担当しているらしくてめちゃくちゃ良かった。

 

Fallout 3

ネットで「PS3 名作」とかで調べると結構目にしていたFallout 3

核戦争後の荒廃した世界が舞台のRPGっていうのでめちゃくちゃ惹かれてブックオフで1000円で買ったが、今までオープンワールドもののゲームをほとんどやったことが無かったので、あまりイメージが湧かなかった。

The Last of Usの重厚なストーリーを味わった後だったので、オープンワールドってシナリオ薄そうやなあという不安もあった。

いざやってみるとオープンワールドゲームのどこからでも散策可能な自由度に夢中になった。マップもめちゃくちゃ広くて(東京の港区より広いらしい)どこにでも行けるっていうゲームが新鮮だった。

世紀末のイメージ通りのヒャッハー!な敵達も良かった。

f:id:wachiryu:20170510172616j:plain

このゲームは本当にバグとフリーズが多くて、良い所まで進んでいたのに急に何も操作できなくなったり、シナリオ上話さないといけない人物がいなくなったりする。

でもこういったバグやフリーズが起こると、「やっとゲームやめるきっかけ見つかった・・」と安堵する。ほんとフリーズしないとやめどきが見つからないくらい何時間でもプレイできるゲームだった。

RPGなので、メインシナリオのようなものは用意されているけど、それを放ったらかしでただただ散歩するだけでもいろんな出来事があって面白かった。

 

一応続編のFallout New Vegasもやったけど、Fallout 3の方がどこから何が出てくるか分からない恐怖とか、世界の荒廃具合がはまった。

 

今はアンチャーテッド2、インファマス、デッドアイランドをちょびちょびやっている。

けど、今の2作ほどの没入感がなくて少し寂しい。

はまれるゲームを知りたい。

 

Kidnappers - ฝน (Rain)

2016-2

去年は久しぶりに人生が新しいフェーズに入ったなと思う年だった。

1月 健康診断で大いに引っかかる。
酒の飲み過ぎで肝臓がヤバくなったと思ったが、再検査をすると飯の食い過ぎでヤバイことになっているとのことだった。

2月 なんか友達がパタパタと結婚することが決まり、最後に友達で富士山の麓に旅行に行くかーってなった。
ほとんど外でアクティビティに励まず、ストイックに酒を飲みながらひたすら話すっていう過ごし方をした。

3月 箕面に引っ越した。
引っ越し当日にまーやが胃腸炎にかかり、次の日からおれも胃腸炎がうつって地獄の沙汰みたいな引っ越しだった。
この時は後に大問題となる家の湿気を甘く見ていた。
Alpaca Sports来日ライブで大阪、東京と一緒にライブをした。
アルパカのライブでバックバンドを務めたのは本当に良い思い出になっている。
ギターフレーズコピーしてみて、改めて良い曲ばかりだ・・と思いながら演奏していた。

4月 ブラジルの音楽ブログ”The Blog that Celebrates Itself”の企画でThe Boo Radleysのトリビュートアルバムに参加した。
大学の時にこーじがギタボ、土屋がギター、おれがベースでコピバンもやったことがあるくらい好きなバンドなので嬉しかった。

5月 イギリスのシューゲイズポップバンドNight Flowersと一緒にツアー回った。
元々ファンだったので、大阪、広島、名古屋と三箇所一緒にライブしてNight Flowersとめちゃくちゃ仲良くなれたのが嬉しかった。
僕らジュブジュブのためにって言って、Northっていう曲(超名曲!)を演奏してくれた。
憧れのバンドと一緒に何回も一緒にライブするって本当に夢のようだった。
僕らもRimeout Recordingsの翁長さんが誘ってくれて何箇所か一緒に回らせてもらったけど、ダワさんが出来る限り毎回来日ツアーする時に日本のバンドも一緒に回るようにしてる意味が少し分かった。
翁長さん本当にありがとうございました。
最終日の名古屋のライブの後Night Flowersと別れてからしばらく現実が辛かった。
ツアーの間キャンピングカーで移動したのも最高だった。バンド四人とこーじが運転手としてついてきてくれた。
休日を全部使ってついてきてくれてありがたかった。
せっかくやし写真撮っとこうと思ってたのに結局一枚も写真撮ってなかった。

6月 ウォーフラでDYGLのレコ発大阪編に出演した。
DYGLのライブめちゃくちゃカッコよかったし、アメリカ滞在の話をたくさん聞いた。DYGLはみんな映画のキャラクターみたいでめちゃくちゃカッコよかった。

7月 the bilinda buchersのライブ見るために東京に行った。
プロデュースしてくれたマイケルとルーカスに7インチ手渡しできて良かった。
そんで、ライブは神がかっていた。
聞きたい曲全てやってくれたし、ライブアレンジも最高に決まっていた。
マジかと思うくらいギターの音がキレイだった。
何回か人間としてのピークを向かえて死ぬんじゃないかと思うくらい幸せだった。
行きも帰りも夜行バスだったため、ライブ見てバスに乗って大阪着いて靴履こうと思ったけど、足パンパンにむくんで靴履けずバスの外に出された。

8月 ジュブジュブで初めて7”シングルをリリースした。
完成品はまだ二回くらいしか聴けてないけど、時間が経ったら自分でもいっぱい聴こうと思っている。
ダワさん、本当にわがままばっかり言ってるのにいつも付き合ってくれてありがとうございます。去年も本当にお世話になりました!!

9月 Motion City Soundtrackのライブ見にいった。
ナードが共演ていう胸熱展開はヤバかった。
解散前の最後のツアーってことでセットリストもベスト的でめちゃくちゃ盛り上がった。

10月 GRMLN来日ライブ。
ライブのセットが30分くらいだったので、ダワさんになんでこんな短いか聞いたら「パンクは30分でいかにインパクトを残すことライブをするかの世界やから長くやらん」て言ってたらしくすげーと思った。
確かにインパクト与えられた。

11月 村上さん、土屋が幹事をしてくれて、高木家と和知家合同結婚パーティーをした。
あんなにおめでとうって言われた日は人生初めてだった。まーやはあんなに人と喋ったのは初めてらしく、一次会が終わった時点で喉が完全にいかれていた。
月曜日に仕事に行ったら、お客さんに「ボケッ!」って言われてギャップがヤバかった。

12月 Ice Choirの来日ツアーにジュブジュブで出演した。
2010年に土屋とまーやとペインズ、the depreciation guildの合同ツアーに行ってから、カート・フェルドマン崇拝者になっていたので、共演できたのは本当に光栄だった。
ライブでは何回か桃源郷に連れていかれそうになったけど、なんとか現世に留まった。
このタイミングでIce Choir見れて本当に良かった。

去年はドラクエ6をやり直してた。
小さい時にやったころは、ムドーを倒したらもう全クリした気分で世界をブラブラしてたけど、今やるとムドー倒してからがめちゃくちゃ長くて、ムドー編はむしろプロローグでその後がゲーム本編やったんやなぁと思った。
去年でなんか人間関係も落ち着くとこに落ち着いて、人生ひと段落みたいな気分やったけど、たぶんこれからが人生本番なんだろうなぁと思う。
人生は思ったより長いし、イベントは盛り沢山だ・・。

2016

2016個人的メモラブルアルバム

 

10. Postiljonen - Reverie

f:id:wachiryu:20161210162113j:plain

 

9. Neon Bunny - Stay Gold

f:id:wachiryu:20161210162533j:plain

 

8. CELLARS - Phases

f:id:wachiryu:20161210154927j:plain

 

7. Crying - Beyond the Fleeting Gales

f:id:wachiryu:20161210155232j:plain

 

6. Work Drugs - Method Acting

f:id:wachiryu:20161210155756j:plain

 

5. サニーデイ・サービス - Dance To You

f:id:wachiryu:20161210160245j:plain

 

4. Gold Panda - Good Luck And Do Your Best

f:id:wachiryu:20161210160614j:plain

 

3. Jimmy Eat World - Integrity Blues

f:id:wachiryu:20161210163021j:plain

 

2. Sing Street O.S.T

f:id:wachiryu:20161210163417j:plain

 

1. Ice Choir - Designs In Rhythm

f:id:wachiryu:20161210163659j:plain

 

 

 アルバム以外

 

3. DE DE MOUSE - Summer Twilight EP

f:id:wachiryu:20161210164547j:plain

 

2. Jai Wolf - Kindred Spirits EP

f:id:wachiryu:20161210164258j:plain

 

1. Stoondio - Almost The Third Album

f:id:wachiryu:20161210165045j:plain

 

 

ベストムービー

PK

f:id:wachiryu:20161210165601j:plain

シング・ストリート

f:id:wachiryu:20161210165719j:plain

グッバイ、サマー

f:id:wachiryu:20161210165306j:plain

  

 

 

NEO MINOH CITYからの招待状

昨日は僕とまーや、こーじと憩ちゃんの合同結婚パーティーだった。

f:id:wachiryu:20161128003344j:plain

 

大学一年生の時にクラスメートの子と一緒にご飯を食べる約束をしていた。
その子はまーやともご飯を食べる約束をしていてダブルブッキング状態になったけど、「まあいいやん、一緒に食べよ」って言われてそのままお互い面識ないのにいきなり昼飯を一緒に食べることになり、何故か気があって19歳の時に付き合い始め、8年間付き合って7月に結婚した。

こーじとはたまたま同じ時期に結婚して、住んでるところも徒歩10分行き来出来て、何より親友なのでこうやって一緒にお祝いが出来てめちゃくちゃ嬉しい。
大学一年生の時からずっと一緒に遊んでて、最近はもう過去のエピソードはお互い話し尽くしているし、ほとんどの思い出を共有しているので、未来の話しか出来ない。
18歳の頃はまさかこうやってお互いの結婚まで祝うことになるとは思わなかった。

この結婚パーティーを企画してくれた土屋、村上さんには本当にやばいくらい感謝している。
Ray Kimuraさんによるウェルカムボード、ジュブとピクチャーの曲が入った引き出物のカセットテープを始め、当日の会場の雰囲気や飾り付けも完璧だった。
タイムテーブルを壁に貼る時のテープの色まで僕の使っているギターの色に合わせてくれて、こんなところまで気遣い出来るのかと心底感動した。
二人とも本当にいつもありがとう。

f:id:wachiryu:20161128005359j:plain

 

本当に幸せで、たぶん昨日は人生で一番ビールを飲んだ。
今日振り返ると、お酒ばっか飲んでないで来てくださった人達ともっともっと話がしたかったなぁと反省している。

そして、めちゃくちゃ忙しいのにDJを引き受けてくださったfastcut recordsの森川さん、in the blue shirt有村くん、しょうたさん本当にありがとうございました。

バンドを始めたての頃に出会った方々とこうやって今も変わらず仲良くさせていただけているのはめちゃくちゃ嬉しい。
もちろん選曲も最高過ぎた。
有村くんが「岡村くんたちがPCで音楽作ってなかったら今こんなことしてないかもしれない」って言ってくれて嬉しかった。

僕らは箕面に住んでいるので、箕面でパーティーを開催したんですが、大阪の僻地で交通の便も良くないのにたくさんの人たちが来てくれた。
みんなめちゃくちゃカッコよかったり、可愛くて、自分がフットルースのラストシーンや、シング・ストリートの体育館のシーンに紛れ込んだような気分になった。

パーティーが終わってからも残って一緒にテーブルやイスを運んだり片付けを手伝ってくださった方もいて、なんだこの最高に親切で優しい人たちは!って感じだった。
本当にありがとうございました。

そんで、二次会も引き続き最高の瞬間が続いた。
二次会のメインイベントは64のスマブラ大会だった。
大学が山の上にあって、カラオケとかボーリング、居酒屋なんかの娯楽と程遠かった僕らは仲間みんなでお金を出して64を買って、ひたすら朝までスマブラをしていた。
ただひたすら友達の中だけでやっていたので、自分たちがどれくらい強いのかも分からない。
なので、外の世界を知るために今回スマブラ大会をすることにした。(もちろん一緒にスマブラやっていた友達は昨日全員出場していた。)
結婚パーティーの中でゲームの時間入れるのどうなんかなぁと一瞬思わなくもなかったけど、やっぱり世代の人が多かったのかめちゃくちゃ盛り上がって良かった。
結果は土屋が優勝した。
まーやが土屋のことを鬼神のような強さだったと言っていた。
次は負けん。(でかい画面でたくさんの人とスマブラするの最高に楽しかったので、そういう機会があれば呼んで欲しい)

f:id:wachiryu:20161128003212j:plain

 


後半スマブラのことばっかりになってしまいましたが、昨日は僕らの結婚を祝っていただき、本当にありがとうございました!!
まーやと二人で仲良くやっていくので、これからも変わらず仲良くしていただければ嬉しいです!
高木夫妻も本当におめでとう!!

ニューヨーク行った時の航空券の分割払いの支払いが終わった。
と気づいた時にoasisのwhateverが脳内で流れた。
負債の無い世界は美しい。

最近家にいる時の95%はNetflixフルハウスかオレンジイズニューブラック見るしかしていなかった。
オレンジイズニューブラックは登場人物多いけど、各キャラの掘り下げ方が凄まじく(むしろ主人公は影が薄い方)、全員に愛着が持てる。
その結果、誰に何が起きても嬉しいし悲しい。
一度退場したと思ったあるキャラの再登場のシーンがBGMも相まって、一人でガッツポーズしてしまうほどカッコよかった。
どんな俳優が出演してるんやろうと思って、何となくWikipedia見てたらネタバレ多すぎてめっちゃガッカリした。
けど、我慢できなくて全部見たし、誰がどうなるか全部覚えてしまった・・。

 

そんな感じの毎日やったけど、昨日はこれからカードの請求が少なくなると気づいて、開放感に溢れ梅田までPKを見に行った。

PK見てる時に、こういう人生の中で奇跡的に起こった素晴らしい日々を切り取ったみたいな映画が好きだなぁと思ったけど、映画って大体そういうものっていうことに気づいた。
PKは予告見た感じめっちゃ笑えるコメディなんかなと思って見てたけど、思ったよりロマンチックでほんのりSFだった。
主人公の俳優の肉体が凄すぎて、しょぼい体の自分に罪悪感があった。
ハリウッド俳優の筋肉とも違ってて、殺傷能力の高そうな体だった。
主人公の最初の持ち物になったラジカセが要所で良い曲を流していて、インド映画良いな〜と思ってディスクユニオン(初めてWORLDコーナーを見た)に行く。
インド音楽のレコードは見つからなくて、フットルースのサントラ買って帰った。

 

 

 

 

 

MGF "優しくしないで'94" (Official Music Video)

 

TOYOMU - The Palace

 

最近

《ライブ》

・11/2 DE DE MOUSE live@あそか宛

こーじとNPO法人主催の入場無料ライブに行った。

イベントの会場が老人ホームと保育園だったので、ピアノだけ弾いたりするんかなあと思っていたら、ゴリゴリの爆音だった。

ライブ会場は保育園の多目的室だったけど、元々老人ホームで演奏するつもりで来たと言っていた。

老人ホームであんな爆音4つ打ちでライブしたら、たぶんまずいことになっていたと思うので、保育園で良かった。

今まで見たライブで一番興奮したのはTAICO CLUB '10のDE DE MOUSEだったけど、それを超えるくらい良かった。

子供達が踊りまくって、凶暴になってお父さんを叩きまくっていたのも音楽の力を感じた。

後ろに仏像が飾ってあって、DE DE MOUSEは教育テレビのお兄さんみたいに振舞って、子供達にDAWを使いかたを教えるっていう謎の機会は今後そうそうないと思う。

 

f:id:wachiryu:20161105174936j:plain

 

《映画》

・お!バカんす家族

ロードムービーで車自体をやばくするという発想がやばい。

 

《音楽》

Jimmy Eat World - You With Me 

 

・The Beautiful Game by Vulfpeck 

 

・Jai Wolf - Like It's Over feat. MNDR

《本》

土屋にひなたブックスのセールを教えてもらって速攻行ってきた。

徒歩2分で最強の本屋があって嬉しい。

・ニュークリア・エイジ ティム・オブライエン

・スモーク&ブルー・イン・ザ・フェイス ポール・オースター

夜想曲集 カズオ・イシグロ

 

 

家にいるときの9割はNetflixで何かを見て過ごしている。

そろそろ精神衛生上良くないことは分かっているけど、外が寒くなってしまったことも相まって、ずっと家でオレンジ・イズ・ニューブラックを見ていたい。

Juvenile Juvenile - Perfect Lies (from "Planet Heaven / Perfect Lies")

ジュブジュブの”Perfect Lies”という曲のMVを公開した。
8月にリリースしたシングルのAA面に入ってる曲で、デモからバンドで合わせてめちゃくちゃ良くなって、レコーディングをして更に良くなった。
この曲は去年Wallflowerでニューヨークに行って、再結成したRIDEのライブを見た直後に作った曲なので、もろに影響が出ている。
RIDEカッコ良すぎた。

 

今年の夏、The Bilinda Butchers今回のシングル二曲ともプロデュースしてもらった!今考えても夢みたいだ!)の来日公演を見に東京に遊びに行った。
その時に監督のカトウさんのオフィスに行って、こんな感じにしたいですねぇとか話し合ったり、そういやこのビデオすごいですよとか言って脱線しまくってTame Impalaとかのビデオを見てた。
それもめちゃくちゃ楽しかった。

今回初めてクロマキー背景で撮影することになり、自分の使っているギターがクロマキーとほぼ同じ色で跡形もなく消えてしまうので、撮影の時は京ちゃん(最近Pictured Resortに加入した)のギターを借りた。

去年辺りからもう自意識が完全におっさんになっているので、撮影されるということ自体への緊張した。
緊張しすぎてヤバかったので、メンバーは途中でスタジオを出て外で待っててくれた。
基本的に他の人が撮影している時は外で待っていた(のぞみんの撮影の時だけみんなで見学した)ので、送ってもらったビデオを見てアウトロの土屋のシーンのギターの弾き方カッコよくてビビった。

 

監督のカトウさんは予めいろんな構図を考えてくれていて、次はこの角度、次はこの角度というように手際よく進めてくれた。
おれが歩くシーンとかで緊張して手と足を一緒に出したりしなければ、もっとスムーズだったと思う。
前回の”Our Great Escape”のMVも製作してくれた野瀬さんには今回も撮影してもらった。
アニメーション製作含めて、色んな方にお世話になって今回のビデオが完成した。
本当にありがたい。


もちろんビデオだけじゃなくて、7"シングルをリリースしてくれたダワさんにも感謝しかない。
いつも僕らのことを根性なしですぐに仕事辞める集団と言うけど、とても良くしてくれてとても優しい。

CDに入っているリミックスをしてくれたのJesse RuinsのサクマさんとKuriyakinのJohan(Teto 2)で、Jesse Ruinsは日本でこんな音楽やってる人がいるのかってビックリして憧れていたし、Kuriyakinも普通にリスナーだったので、本当に嬉しい。 

 

リリース自体は8月だったけど、その頃は公務員試験で勉強に集中してたので最近やっとリリースした実感湧いてきた。

あと、試験は落ちていたけど、コージが勉強したお陰で雑学増えたしいいやんって言ってくれたのでそっか!良いや!と思った。

 

YouTubeのコメントを見ると、ペルーとかインドネシアとかあとは国分からんけど、色んな国の人からコメントが付いていて、ありがとうの気持ち満々です。
日本でもTwitterで検索してもJuvenile(ラッパー)か、ジュブジュブで検索してもエグい結果しか引っかからんのに見つけて聴いてくれるのは本当に嬉しい。本当にありがとうございます。

 

ほんとはFacebookとかに書きたかったけど、すぐ仕事やめるせいで気まずい関係の人が多いので、日記にした。
mixiでも良かったな。